Amazonや楽天物販でもしもアフィリエイトを使う利点と使い方

基本的にはブロガーの皆さんに関係した記事になりますが、物販アフィリエイトを始めたいけれどどんなツールを使って物販を始めたらいいのかがわからない、というような話をたまに耳にします。

私も2020年の10月、某VR機器の発売と同時に物販を始め、2021年6月現在で毎月物販で3-4万稼ぐことができるようになりました。

そんな私が物販をするに当たって「もしもアフィリエイト」を利用することとなった経緯などに触れて、もしもアフィリエイトを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

もしもアフィリエイトとは

もしもアフィリエイトとは、ブロガーの収益化を助けてくれるアフィリエイトを提供してくれるASP(Affiliate Service Provider)を指します。

様々なASPの会社がありますが、それぞれに特徴があり、もしもアフィリエイトでは特に物販に特化しているアフィリエイトだと言えます。

というのも物販を提供するサービスとして Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング の商品の紹介を一つにまとめて紹介することができるリンクツールを提供している、という点で他のアフィリエイトには無い最大のメリットとしてブロガーにサービスを提供しています。

例えば商品紹介の記事などで以下のようなリンクを見たことがある方も多いでしょう。

このように、通常はAmazonならAmazonのリンク、楽天市場なら楽天市場のリンク、Yahoo!ショッピングならYahoo!ショッピングのリンクというように3つのリンクを貼らなければならないのですが、もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」というツールを使うことによってAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングのリンクをひとまとめにすることが可能になります。

複数のリンクをまとめる意味

複数のサービスの商品リンクをひとつのリンクで紹介することの意味・メリットはなんでしょうか。

物販をしたことのある方は皆さんわかると思いますが、世の中にはAmazonで商品を買いたくないユーザー、逆に楽天市場では商品を買いたくないユーザー、どちらでも買いたくないユーザー、とにかく安いところで買いたいユーザー、値段よりもお届日数を気にするユーザーがいます。

そして物販だけでなく、アフィリエイト全体で好まれる傾向として「比較」することのできる記事が好まれる傾向にあります。

つまりこの場合はAmazon/楽天市場/Yahoo!ショッピングで価格やお届日数と言ったような比較ができるということが最大のメリットになります。

スポンサーリンク

なぜもしもアフィリエイトにしたのか

さて、リンクをまとめるツールと言っても実は探せば様々なツールがあります。

しかしながら、私はもしもアフィリエイトを活用することをおすすめしています。
もしもアフィリエイトを使うことのメリットとは何なのかを解説していきたいと思います

メリット1・設定

メリットその1として設定が簡単ということが上げられます。

通常、他のリンクツールでは様々なアフィリエイトに登録をして、APIなどのコードをコピペして貼り付けて、複数ある必須情報をそれぞれのAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングといった項目ごとに入力する必要がありますので、めちゃめちゃ手間がかかるんですね。

一方、もしもアフィリエイトではAmazonとYahoo!ショッピングの提携申請を出し、許可されれば「かんたんリンク」のページに入るだけで設定が完了されており、商品ページのURLだけを貼り付ければ自動で商品リンクを作成してくれます。(楽天市場に関してはもしもアフィリエイト登録時に提携申請を行うことで自動で登録されます。)

もしもアフィリエイトのツールの設定はめちゃくちゃ簡単なんです。

スポンサーリンク

メリット2・ペナルティ

たとえばリンクツールなどに使う情報として、Amazonが提供するAmazonアソシエイトというアフィリエイトサービスのAPI情報などを利用しますが、こちらは現在APIの提供に条件があるため、一定の実績を積まないと提供してもらえないという情報があります。

つまり、一定の実績を積むまでツールの利用も難しいということになります。

しかし問題はそれだけではありません。

Amazon公式のアフィリエイトツールは利用規約が厳しく、変なことをした覚えはないのに利用停止となることがあり、この場合アフィリエイトでの実績は白紙になります。(過去に積んだ実績に対しては報酬が支払われますが)

利用停止となれば、再申請は可能なのですが、ブログに貼り付けていたリンクは無効になってしまうため、全てのページでリンクの張り替え作業が必須となります。

一方もしもアフィリエイトは利用規約がAmazon公式のアフィリエイトツールと比べるとかなりやさしいのでそのようなペナルティを受ける可能性はグッと小さくなります。

メリット3・紹介の詳細

もしもアフィリエイトでは、Amazonで発生した商品情報と報酬・楽天市場で発生した商品情報と報酬・Yahoo!ショッピングで発生した商品情報と報酬がスプレッドシートで配布されるため、一覧でわかりやすくなっています。

つまり、売れ筋の確認がしやすく、売上によって商品の紹介の入れ替えなどの利益戦略を立てやすくなっています。
これはかなり大事な機能で、これがあるとないのとでは収益化の難易度がふた周りくらい違います。

そして、トップページでは今月の収益、今までの通算収益、いままでの最高収益、閲覧数、実際にリンクを踏んだ人数がわかるようになっているのでモチベーションの維持・向上にも繋がります。

これらの3つのメリットがあるので私はもしもアフィリエイトをおすすめしているんですね。

皆さんも利用して物販収益をじゃんじゃんあげてみてください。

もしもアフィリエイトでの物販の始め方

それではもしもアフィリエイトでの物販はじめ方について解説していきます。
が、あまりサイトのページの画像は利用することができないので、文章で説明していくことになります。
わかりにくい箇所があればTwitterもしくは、コメントでお願いします。

もしもアフィリエイトへの登録後トップページ上部にある検索バーで「Amazon」、「楽天市場」(登録時に申請をしていない場合)、「Yahoo!ショッピング」を検索します。検索結果ページで提携するためのページが表示されるので、それぞれで提携申請を行います。

このとき、Amazonだけはブログの全体の記事数が10記事程度必要だと言われていますので、アクセス数はどうでもよいですが、記事数だけは用意しておくようにしましょう。

申請が許可されるまでには大抵の場合2-3日ほどの期間がかかります。

申請が許可されれば、トップページ上部・検索バーの下あたりにある「かんたんリンク」をクリックして、「商品ページのURL、またはキーワードを入力してください」という箇所に商品のURLなどを入力(コピペ可)します。

すると、Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピングを含めた商品リンクが表示されるので、「HTMLソース」をコピーします。

コピーした後はブログの対象記事にエディタブロック「カスタムHTML」を使用してペーストすることでリンクの作成が完了です。

利用方法はこれだけです。
あとは自身の力で物販で成功するような記事を作ってみてください。

それでは!もしもアフィリエイトの紹介でした。

スポンサーリンク