ノートパソコンをモニターに接続:デュアルディスプレイと機器紹介も

ノートパソコンもデスクトップのように使えるということをご存知でしょうか。

  • ノートパソコンの画面が小さすぎる、映画をもっと大きな画面で見たい。
  • ノートパソコンと目との距離を離して使いたい。
  • キーボードが使いにくい
  • ノートパソコンでもデュアルディスプレイにして作業をしたい

などという悩みはすべて解決可能で、同時にUSBポートを増やしてUSBメモリの増設やオーディオインターフェースなどのUSB機器を取り付けることだってできるんです。

スポンサーリンク

拡張機器なしでモニターを使用することができる場合

拡張機器なしでモニターを接続することができる場合はノートパソコンの側面にVGAやHDMIのコネクタがついている場合です。

ただ、この場合もちろんデュアルモニターとしてノートパソコンを使用する場合はトラックパッドやキーボードでの操作が可能ですが、ノートパソコンを閉じて独立したモニターとして使用する場合はマウスとキーボードの接続が必要です。

ノートパソコンを閉じていたとしてもマウスやキーボードは優先での接続、USB子機を使用したワイヤレス接続、bluetoothでの接続なんでもOKです。

ノートパソコンを閉じて使用する場合、ノートパソコンを閉じてもスリープに移行しないための設定をしなければなりません。そうしなければノートパソコンを閉じたときに接続しているモニターへの接続も切れてしまいます。

USB-Cハブを使用してモニターを接続する

一方、拡張機器なしでモニターを接続することができない場合は次のようにコネクタがない場合です。こういったようにコネクタがない場合は殆どの場合USB-Type Cが接続することができます。

コレはなぜかというとUSB-Type CがあればUSB Type-Aと異なり、十分な供給電力を賄うことができるようになるため、充電器・映像ケーブル・USBデバイスなどを接続することができるようになるためです。

そのため近年ではPCの軽量化、小型化のためにHDMIやVGAなどのコネクタがなくなりUSB Type

-Cに置き換わったのです。

このような場合は次のような機器がなければモニターを接続することができません。

こういった機器を使うことでHDMIを基本としたモニターと接続ができるようになります。

また、このような機器を使うことのメリットは他にもあり、有線のLANケーブルを接続することができるようになる・USBメモリを始めとしたUSBデバイスが使えるようになる・充電も同時にできる・USBポートの数が増える・カードリーダー機能が使える。

などなど様々なメリットがあります。写真はMacbook用なので、ケーブルがありませんが、通常はUSB-Cからのケーブル経由での接続となります。

スポンサーリンク

独立ディスプレイを使用する際にあると便利なもの

独立ディスプレイにノートパソコンを接続して使用する場合、あると便利なものをリスト化しておきますので参考にしてください。

まずノートパソコンを閉じた状態で使用する場合は以下のものがあれば十分です。

  • USB-Cハブ
  • マウス
  • キーボード
  • マウスパッド

モニターを閉じず、デュアルモニター化して使用する場合は次のようなものがあると便利です。

  • USB-Cハブ(拡張用)
  • マウス
  • キーボード
  • マウスパッド
  • ノートパソコンスタンド(ノートパソコンのディスプレイの高さ調整用)

特にデュアルモニター化する場合は、ディスプレイの高さが同じくらいになっていることで、ストレスなく視点移動することができるので、必ずと言ってよいほど買い揃えた方が良いでしょう。

頻繁に視点移動する場合はデュアルモニターの利便性を下げてしまうということに繋がってしまいます。

オススメのUSBハブとノートパソコンスタンド(デュアル用)

Win/Mac/Linuxに対応したものを紹介。

※編集中のものを含みます。

スポンサーリンク