ブログで稼ぐための近道とは?初心者でも確実に稼ぐ方法

今回は皆さんにブログで稼ぐための方法を教えます。
実はブログ運営というのは今回お伝えすることの繰り返しだけで稼げるんです。

まずは消えてしまうブロガーの特徴を確認していただき、自分がそのタイプに当てはまることがないかどうかを確認していただきたいと思います。

ブログを続けるためのコツって案外身近に落ちているものなので、難しく考えすぎないようにしてブログを楽しんで運営していきましょう。

スポンサーリンク

ブロガーの3ヶ月の壁

ブロガーの3ヶ月の壁というのをご存知でしょうか。

新規参入のブロガーを見ていると、3ヶ月後に残っているブロガーの割合は肌で感じる感覚として大体半分いるかいないかです。

あれ?最近あの人どうしたかな?と思ったら「ブログを更新していない」「ツイッターの稼働が止まっている」などの「あぁ…残念…」という感じ。

最初に消えていくブロガーのタイプ

最初期に消える方々は大体Google Adsenseの合格ハードルを越えられず消えていく感覚ですね。

Google Adsenseの合格はブログ初心者にとってかなりハードルが高く、中級者あたりでも何度か申請し直すことはよくある話。

私も3ブログ目で一度ダメ出しをされています。

ブログを始めてからは情報戦争の毎日ですから、最低限Google Adsenseに合格できるようなライティング知識、ブログ構成術を自力で収集できるようでなければブログを始めるための意識としてはちょっと覚悟が足りないかなと思います。

もちろん、収益化を考えていなければアドセンスなんて必要ありませんので、これは収益化を考えている人のハナシですね。

スポンサーリンク

次に消えていくブロガーのタイプ

次に消えていくのは燃え尽きのタイプですね。

大体、Google Adsenseに通った後、気が抜けてしまうのかなぜか帰ってこない方々がいらっしゃいます。

たしかに、初期の頃はやりきった…という燃え尽きで戻ってこられないパターンはよくあるのですが、なぜかこのタイミングでいなくなってしまう方が跡を絶ちません。


最初でこんな大変ならやっていけない…ということなのか、本業との兼ね合いで時間が作れない、ということなのかはわかりませんが、おそらくそういうことでしょうね。

最も多いタイプは

最も多くの理由で消えてしまうタイプとしては、手持ちの情報がなくなってしまったタイプです。

ブロガーを始めるなら最低100-200記事分くらいの話題の引き出しは持って挑むべきですが、それが数十個の記事を書いた時点で消滅してしまう方って結構多いんですね。

正直話題が消えてしまってもインプットできるタイプの方なら問題ないのですが、ここで消えてしまう方々はインプットを怠ってしまうのです。

私も200記事を書いたあたりでネタがなかなか出てこないなぁ…と思っていた時期がありますが、やはりここでインプットできなければ今こうして記事を書いていることはなかったでしょう。

遅かれ早かれネタを出し切ってしまうタイミングがあるので、そこでインプットをするように心がけましょう。

ただし、ネタはウェブ上のものだけではいけません。
正確な情報の質はやはり【ウェブ<本】です、正しい情報を記載しているウェブサイトばかりではないので鵜呑みにせず、一度本で調べるということは大変重要になります。

ここまでが3ヶ月程度の期間でやめてしまうブロガーの特徴です。

スポンサーリンク

どうしてやめてしまう?

結局なぜやめてしまうのかという問いには大体3種類の答えがあると思います。

  • 手持ちのネタが少ない
  • 熱量が足りない(めんどくさくなってしまうなど)
  • なかなか伸びないPV数

続けるためのコツ

コツと言うか、一つ確実なことはあります。

「何事も始めるのには遅いということはない」という言葉がありますが、その後の継続のためには早ければ早いほうが良いと思ってください。
つまり、社会人になる前の大学生1-3年のうちにブログをある程度カタチにしてしまうと、運営の時間的コストが全然違います。

やめてしまう人の多くはやはり社会人、本業の方が忙しくてブログにまで手が回らないんですね。

これも本気でブログを運営していれば言い訳でしかないんですが、「テレビや漫画を見る時間があればブログ書け」「ゲームをする時間があるならブログを書け」「お酒やタバコを嗜む時間があるならブログ書け」と言いたいところです。

しかし、ブログ初心者の方の熱量は皆等しく同じではなく「面倒だな」と感じるレベルも異なります。

結局は時間がモノを言ってしまう世界なのは間違いないので、できるだけ自由時間の作れる大学生のうちに基盤だけでも作っておく必要があります。

社会人の皆さんにとっては「もっと早く始めておけばよかった…」というようなお話でしょうが、それはもう仕方ありません。

なんとかして時間をとり、1記事を1週間かけてでも地道に投稿し、ブログ構成を業務の間に考え、知識を他のウェブサイトや本で取り入れるというような作業をするしかありません。

それができる方が将来10万、100万という収入をブログで得られるようになります。

稼げるブログの作り方

どうしたら稼げるの?大体、この記事は「稼げる」って言うから見に来てるんですけど!という方も多いでしょうから、出し渋らずに述べていこうと思います。

稼げるブログの作り方は一つで「趣味の延長線上にブログを置くこと」です。

つまり、私の場合「ゲーム環境作り」や「ブログ運営」が趣味ですので、それに伴った記事を作っています。こうしなければ私の場合はブログを3年も続けることはできなかったでしょう。

例えば私が今、ブログをもう一つ作ろうと思っても「宇宙」を題材としたブログは作れません。

そこで、知識を取り入れる作業をするわけですが、そもそも興味がないから知識を取り入れる作業は長くは続きません。

逆にブログをもう一つ作るというハナシになった時に「ゲーム部屋」についてのブログを作ろうと思えば、そのブログの記事を100,200書くことはそこまで大変な作業だとは思わないでしょう。

実際はもう既に「ゲーム環境」に関係したブログを一つ運営していますが、やはり興味のあることを書いている時は楽しく記事が書けますね。

また、趣味のことであれば「ゲーミングデスクを買った」ならば、ブログで「ゲーミングデスクについての記事」を書くことができるようになるので、ネタが尽きた時にでもネタが自動的に生まれます。

このように、”ネタを増やす難易度”が下がることによって、皆さんが3ヶ月後・1年後・2年後にブログを続けてイられるかどうかが変わってきます。

まずは無理せず続けられるネタを扱うことがなによりも重要です。

以下編集中

スポンサーリンク