Aruba WLC ArubaOS 基本コマンド一覧

スポンサーリンク

Aruba Networks のWLCにおける基本的なコマンドを解説

こんにちは。執筆担当Kです。
今回はArubaのWLCのコマンドについて基本的な部分を記載・解説していきます。

enableモードに移行する

cisco機器と同じようなモード体系なので慣れ親しんだ方は説明不要かと思います。
enableモードに入るときは以下のモードに入ります。

(userモードで実行)

enable

抜けるときは「exit」です。

スポンサーリンク

編集モードに移行する

cisco機器と同じようなモード体系なので慣れ親しんだ方は説明不要かと思います。
編集モードに入るときは以下のモードに入ります。

(enableモードで実行)

configure terminal

抜けるときは「exit」です。

設定の大量追加をCLIで行う場合など、Teratermの「設定」→「その他の設定」→「コピーと貼り付け」→「貼り付けの行間遅延」で500ms程度入れておくと安心です。
反応がよろしくない場合には1000msくらい入れるときもあります。

ページングをしない

以下を入力することでコマンド実行結果が一気に出力されます。
ログアウトすると効果はなくなります。

(enableモードで実行)

no paging
スポンサーリンク

設定を確認する

動作中の設定を確認できます。

(enableモードで実行)

show running-config

インターフェースの状態確認

インターフェースの状態を確認できます。
インターフェースを1つずつ確認する必要があります。
以下は1/0番ポートの場合。

(enableモードで実行)

show interface gigabitethernet 1/0

ルートを表示

ルート情報を表示します。

(enableモードで実行)

show ip route

NTPの状態

NTP状態を確認します。

(enableモードで実行)

show ntp servers

現在のセッションの確認

現在流れているすべてのセッションを表示します。

(enableモードで実行)

show datapath session

動作中のアクセスポイントの一覧

以下で動作しているアクセスポイントの状態を確認できます。
動作中のチャネル等を確認できます。

(enableモードで実行)

show ap active

すべてのアクセスポイントのデータベース確認

WLCに一度でも接続したことのあるアクセスポイントをすべて表示します。
MACアドレス・シリアル番号・APの型番などを確認することができます。

(enableモードで実行)

show ap database long

接続している端末の確認

アクセスポイントに接続している端末を確認できます。
MACアドレス・IPアドレス・どのSSIDに接続しているか・どのアクセスポイントに接続しているかなどを確認できます。

(enableモードで実行)

show user-table

バックアップ

flashbackupというWLC全体のバックアップをすることができます。

(enableモードで実行)

backup flash

内部ファイルの確認

以下で内部ストレージのファイルを確認できます。

(enableモードで実行)

dir

リストア

flashbackupからリストアをすることができます。

(enableモードで実行)

restore flash

ライセンスの確認

初期化等を行うとライセンス情報も削除されてしまうのでライセンスのバックアップはしておきましょう。

(enableモードで実行)

show license verbose

APのリブート

APのリブートを行う際は以下です。

すべてのAPをリブートする場合

(enableモードで実行)

apboot all

ap-group内のすべてのAPをリブートする場合

(enableモードで実行)

apboot ap-group

ap-nameを指定してリブートする場合

(enableモードで実行)

apboot ap-name

IPアドレスを指定してリブートする場合

(enableモードで実行)

apboot ip-addr

MACアドレスを指定してリブートする場合

(enableモードで実行)

apboot wired-mac

広告↓

スポンサーリンク